ゴルフ初めての初心者も女性も、古賀公治のゴルフ上達プログラムDVDセット 多数のクラブチャンピオンを排出!

フォローアップ編

フォローアップ編DVDの詳細

DVD版 1時間35分

フォローアップ編

ゴルフ雑誌を見ると毎週のように色々なレッスンが載っていますね。

でも、どれくらいの人が勘違いせずにそれを理解されているでしょう?

はっきり言って、理解できるのはハンディ5以下の方ぐらいでないかと思います。

それくらい、雑誌等に書かれている内容は高度なものが多く、私も分からない部分が多くあります。

何度も、申し上げていますが「出来ている動き」のことを書かれている記事を見ると

その情報を「文字から伝達」することは可能ですが、「出来ていない動き」は、決して

文字から伝達することは出来ません。

ゴルフは物理です。

インパクト時の、物理的な現象によって全て決定されます。

ですから、まずは、マット幅の中でクラブをどう動かせばいいかという知識が必要となります。

そして、その為には、手を、体を、又骨盤をどう動かせばいいかというマット幅のストロークでの練習が

必須となるわけです。

そして次に、その正しいマット幅のクラブの動きにに繋がるには、どこからどう降ろせば、降ろしやすく叩き

やすいかを考えるのです。

「こう降ろせば繋がりやすいな」 が練習によって分かると言うことは、すでに正しい場所に上がっているわけで

バックスイングでインサイドに上がるとかアウトに上がることはまずありません。

上記のエラーが起こるのはインパクトゾーンへの意識がなく、バックスイングに意識して「どう上げればいいか」

を考えて練習するからです。

正しい場所から、降ろして正しくインパクトゾーンを向かえることができれば、慣性で正しい場所に抜け

フィニッシュも勝手に取れてしまいます。

ところが、週刊誌等に載っている内容は、バックであるとかフォローであるとか部分的なものが多く

多くの方が、繋がりを一切考えずに練習されているのではないでしょうか。

ですから、上手くならないのです。

また、現在のスイング理論では、大きく分けて2つの骨盤の使い方があります。

ここも、問題です。

Aという理論のバックスイングの情報と、Bという理論のフォーローの情報は、当然一つのスイングには

繋がるないからです。

今回のフォローアップ編では、一連の繋がりついてを中心に構成しました。

まずは、マット幅でのクラブの動きと、体の使い方について詳しく説明しています。

実は、昨年よりスクールでこの動きについて、今までと違う表現を使い初心者のクラスを

レッスンしたところ、なんと今までの1/3の時間でハーフスイングの動きが

出来るようになったのです。

それは、ただ「下を向く」という表現方法なのですが、表現方法を変えただけで、これほど

効果が違うものかと、目から鱗が落ちる思いでした。勿論この部分についても取り上げています。

いままで「スイング編3巻」を編集しているときには、「ああ、この部分が足りなかったなー」と思うことが

ありましたが、今回はそういうことがなく、間違いなく現在の私の知識、最も生徒さんにお伝えしたいこと

全てが網羅出来た自信作です。

是非ご覧ください。

PGA 小林 佳則プロPGA 小林 佳則 プロ
2005年 兵庫県オープン プレーオフの末 2位タイ
2006年 ジャパンプロ出場

美しいスイングはインストラクター用のデモビデオにも採用
されるなど 定評がある。
過去、「植草 貞夫のゴルフ交友録・掛布のゴルフキング」などTV出演も多数

現在、サンテレビ「熱血!!ゴルフ塾」(水23:00~)にレギュラーとして出演中

主な内容は以下の通りです。

NOタイトル内 容イメージ
1骨盤をスライドせせる近代スイングの骨盤の使い方1
2骨盤のスライドで打球するインパクトをゾーンにする2
3片手打ちで感覚を養うフェースコントロール出来るために3
4適正な角度で真っ直ぐ入射させる方向性と、最大飛距離を得るために4
5ストレートに入射させる感覚を養うストレートに入射させるために骨盤のスライドが必要5
6パワーポジションを知る静の段階で正しい形が作れないのに、スイング中で正しく動くことはあり得ない6
7バックスイングバックスイングにおいてアマチュアが知らない重要な動きについて7
8ビジネスゾーンの動きに繋がるようにダウンスイングするインパクトゾーンへの繋がりを考えればダウンスイングが理解できる8
9古賀の勘違い知識を繋がりを考えずに起こしていた古賀の勘違いとは9
10パワーがでる右手のセッティングスライサーのほとんどが知らない右手のセッティングとは10
11切り返しの動きを知るゴルフで一番難しい切り返しの動きを、まずはドリルで体感する11
12フィニッシュは勝手に取れるものフィニッシュは慣性で自然に収まる場所で作るものではない。12
13小林プロの勘違い小林プロが理論的に勘違いしていた点とは13
14打球練習の注意ポイント練習の際、意識して頂きたいポイントについて14
15ライン出しショット少し飛距離を落として、方向性を重視するショットとは15
16全ては正しいクラブの動きのため全ての動きの関連性を考えることが非常に大切16

フォローアップ編

  • フォローアップ編DVD版 ボリュームの1時間35分
    価格 5,637円(税込)
ゴルフ上達プログラム フォローアップ編をカートに入れる


ゴルフ上達法 DVDトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.17
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional